キックボクシング・ムエタイ・フィットネス伊原道場

TEL:03-3461-4258 定休日:毎週日曜日
TOP > 過去試合一覧 > TITANS NEOS Ⅳ

過去試合一覧

TITANS NEOS Ⅳ

2008年9月15日 東京・後楽園ホール

秋の気配か肌寒い日が続く時期に業界注目のTITANS NEOSシリーズが行われた。他団体戦を多分に含んだNEOSは本物の戦いの場として有名だ。また、K1等に出場の超一流の選手が参加しNEOSを盛り上げてくれる。今回もそんな熱き勇者を一目見ようと沢山のお客さんが来場された。

メインイベント 第15試合 81kg契約 3分3R

松本 哉朗(藤本)

VS

ピーターソン・シャカル(ブラジル)

勝者:松本
KO 3R 1:49 ※右ストレート。シャカルは3Rに右ストレートでダウンあり

メインイベント 第15試合 81kg契約

セミファイナル 第14試合 72kg契約 3分3R

後藤 龍治

VS

CRAZY884(クレイジージム)

ドロー 判定0-0
※ジャッジ=3者とも29-29

セミファイナル 第14試合 72kg契約 セミファイナル 第14試合 72kg契約

今年の後藤は相手が誰であろうと構わない。自分とやってくれる相手に感謝して戦うという心境らしい。心技体が備わった彼の戦いはいかに!?

1R、両者接近戦のパンチの攻防。非常にパンチ展開が似ている。884選手はあまりガードをせず後藤のパンチをしっかり見て対応。そのせいかなかなか後藤の決定打のパンチが入らない。後藤は接近戦からの独特なローも出す。884選手はボディパンチも入れつつ変化をつけていた。

2R、似たもの同士のパンチ合戦は続く。あれだけ接近戦なのにお互い決定打には至らない。884選手も非常にかわしが上手い。ガードをあまりしないので当たりそうなのだがなかなか後藤のパンチがヒットしない。後藤の変速ローキックが見れず終了。

3R、後藤が少し押す。そのため、相手を追い詰める場面が見られた。後藤のキックが効いている様な顔をしていたが、決定打が見られず結局終了。

今回の後藤はいささか切れがなかったように思われる。今年ずっと連勝しているからこんな時もあるだろう。次回は圧倒的な後藤が見れる事だろう。

第13試合 ヘビー級 3分3R

ノブ・ハヤシ
(ドージョー・チャクリキ・ジャパン)

VS

悠羽輝(和術慧舟會DURO)

ドロー 判定0-0
※ジャッジ=3者とも28-28。悠羽輝は1Rに右ストレートでダウンあり

第13試合 ヘビー級

第12試合 73kg契約 3分3R

ファブリジオ・ベルガミーニ(イタリア)

VS

松崎 勇輝(治政館)

勝者:ベルガミーニ
KO 2R 2:23
※ヒザ蹴り。松崎は2Rに左フックでダウンあり

メインイベント 第12試合 73kg契約

第11試合 ヘビー級 3分3R

シング・心・ジャディブ
(パワーオブドリーム)

VS

嚴士鎔

勝者:シング
TKO 3R 0:22
※嚴がヒザ蹴りにより鼻をカットしたため。嚴は1Rにヒザ蹴りでダウンあり

第11試合 ヘビー級

1R、身長さがある相手に嚴は果敢にローキックとパンチで攻めるが相手の強烈なひざに倒れてしまう。それでもなんとか持ちこたえる嚴。

2R、あの怒涛のひざ、パンチを受けていながら嚴は根性でこの回を勇敢に戦った。最後は相手にローキックを与え倒して終わったほどだ。

3R、結果的にはTKOとなってしまったがそれまで彼の心は折れる事もなく慢心の力をしぼって立ち向かった。

それで十分だと誰もが思ったことだろう。嚴の勇姿に敬意を表したい。次回大いに期待したい。

第10試合 52kg契約 3分3R

池田 茂由

VS

関正隆(昌平学)

勝者:池田
KO 2R 1:52
※右ストレート。関は1Rに左フック、2Rに右ストレートでダウンあり

第10試合 52kg契約 第10試合 52kg契約

最近の池田の成長振りには目を見張るものがある。フライ級ではありえないパンチ力をもつ池田の戦いは如何に!?

1R、関選手はキック、パンチと非常にバランス感覚に優れた選手だが、池田は攻撃を受けながらも虎視眈々と相手の頭を狙っていた。そして、池田の間に入ったとたん左フックが見事に決まりダウンを奪う。今まで池田のダウンを奪うシーンを見てきていつも思うのだが、正直池田のパンチが早すぎて一瞬なにが起きたかわからないことがよくある。いつもビデオを送り戻して見てようやくその一撃が分かるほどだ。

2R、池田は相手からのキックをもらうが物ともせずパンチで攻める。相手は惰性でキック攻撃をした隙を池田は見逃さず右ストレートでダウンを奪う。そして、これもまたあまりの一瞬で分からなかったがなんと次のダウンには左フックから右ストレートととんでもないコンビネーションが含まれていたことが判明した。

いやはやとてつもないスピードだ。あれでは何がおきたのか相手もわからないまま糸口を見つけられず試合を続行するしかないだろう。池田は以前からそのパンチ力に磨きをかけている。はやく次の試合が見たい。

第8試合 ライト級 3分3R

中尾 満

VS

笠原 淳(クレイジージム)

勝者:中尾
TKO 2R 2:17
※笠原が鼻をカットしたため

第8試合 ライト級 第8試合 ライト級

ムエタイを彷彿とさせる中尾のスタイルは何処まで進化し続けるのだろうか!?相手をKOする一発を備え持つ中尾。今回は如何に!?

1R、中尾の切れ味するどいミドル、ローキックがバチンっと場内に響き渡る。中尾は今回パンチよりキックで攻める。相手はそのキックからのカウンターを狙うがなかなか中尾の頭を捕らえる事ができない。

2R、中尾のミドルキックがまたしても相手の肋を直撃する。相手はなかなか踏み込めずパンチで応戦できない。踏み込んだと思えば中尾の得意の首相撲でなんなく処理されてしまう。キックかと思えば相手のパンチをさばいてヒジを与える中尾。

中尾の一つ一つの攻撃の質が勝っていたように思われる。次回も期待したい。

第7試合 68kg契約 3分3R

土屋 修平

VS

ハミレドザ(イラン大誠塾)

勝者:土屋 判定3-0
※ジャッジ=30-27、30-27、30-26。ハミレドザは1Rに右ストレートでダウンあり

第7試合 68kg契約 第7試合 68kg契約

最近の土屋はもうスター的要素を十分に兼ね備えた選手となっている。とにかく試合が楽しい。今回は如何に!?

1R、豪腕ぶりを見せてくれたハミレドザ選手。土屋にとっては今までで一番大変な相手のような気がした。かなりパンチが上手く威力があるために土屋がどう対応するかひやひやした。ところがそんな心配をよそに土屋は見事な除けで相手のパンチをさばいていた。さらに、伸びるストレートでダウンも奪うほどだった。

2R、やはり土屋のパンチ精度が勝っていた。さらに相手のパンチかわしは一級品だった。両者大きな決定打はなかったが土屋の落ち着いた攻撃でポイントがついているように思われる。

3R、相手も非常にパンチの対応が上手いのでなかなか土屋も決定打を与える事ができない。しかし、土屋の押しでワンツーアッパーと多彩なコンビネーションで追い込む。そしてすばらしい除けで全く相手の攻撃をもらわず。

今回は土屋にとって非常に良い経験となった相手だったのではないだろうか。最近KO続きの彼にとってハミレドザ選手のような強固な体に一撃を与えるにはどうすべきなのか!?菊地王者の言う「倒す!!」までに行くにはどうすべきなのか!?きっと土屋なら何倍もの吸収力で練習し成果を見せてくれるだろう。次回が非常に楽しみだ!!

第4試合 68kg契約 3分3R

石原 裕基

VS

笹谷淳(フリー)

勝者:石原 判定2-0
※ジャッジ=29-29、30-29、30-28

第4試合 68kg契約 第4試合 68kg契約

遂に石原が復活した。心ある石原らしい試合が見る事が出来た。

1R、小刻みに動き、威力あるパンチを出す笹谷選手。石原はしっかり見極めカウンターで合わす。石原の動きは機敏で適確だった。相手が押してくれば石原も押す。そんな両者の熱い戦いが見れた。

2R、両者の攻撃の動きは非常に速く、互角の攻防が続く。パンチでは続かず組になる場面も多かった。しかし、後半石原の負けん気が相手の頭を揺らす場面を作った。

3R、笹谷選手の攻撃は依然として止まらない。石原も負けじとパンチで応戦する。徐所にヒートアップする両者。若干、石原のパンチ精度が勝っているように思えた。両者、ほぼ互角の攻防で幕を閉じる。

判定からも分かるとおり非常に僅差の戦いが繰り広げられたが石原らしい心で戦う試合が見れた事は非常にうれしかった。次回はもっと期待したい。

第3試合 ライト級 3分2R

湯澤 尚矢

VS

金子太郎(治政館)

勝者:石原
TKO 2R 2:03 ※金子がパンチで左目上をカットしたため

第3試合 ライト級 第3試合 ライト級

最近、試合によく出場する湯澤選手。期待の選手だ。道場内でも彼のタイトなファイトスタイルは評価が高い。

1R、相手を見定め、攻撃の照準を合わせるような湯澤の動きは素晴らしかった。間も素晴らしく相手に入らせない。伊原流とでもいうべきかフットワークが非常にタイトだ。そして、隙を見つけてスーッと攻撃する湯澤。後半パンチで相手を押す場面が光る。

2R、相手の攻撃が激しくなったがそれに応じる湯澤。両者一歩も引かないパンチ合戦。ただ、パンチの精度は湯澤にあった。結局、金子選手の左目上カットでTKO勝利。

なんとなく不完全燃焼の湯澤。次回は持ち味を生かして圧倒的な戦いを見せてほしい。

  • 稲城支部
  • アルゼンチン支部
  • 新潟支部
  • 興行チケット受付! TEL:03-3461-4258
  • 男女練習生大募集
  • EBATAツインズキックボクササイズ
  • スポンサーガイド
  • ピレリタイヤ
  • インターナショナル伊原道場オーガニゼーション

    English Spanish japanese