キックボクシング・ムエタイ・フィットネス伊原道場

TEL:03-3461-4258 定休日:毎週日曜日
TOP > 過去試合一覧 > 激闘~第六章~

過去試合一覧

激闘~第六章~

2008年6月22日 潮風アリーナ

今回は潮風の香りがする自然豊かな三浦市のアリーナで行われた。梅雨の時期にもかかわらず大勢のお客さんでにぎわったアリーナ。地元横須賀のファンは選手たちに惜しみない応援をしていたのが心に残る。やはり地元の厚い絆を再確認した大会ではなかっただろうか。今回は伊原道場から二人の精鋭が選ばれ出場。早速見ていこう。

第8試合 日本バンタム級 3分3R

瀬戸口 勝也(横須賀太賀)

VS

吉川 靖

勝者:瀬戸口 判定3-0
※ジャッジ=3者とも30-26。吉川は1Rにヒザとパンチ連打で2回ダウンあり

第8試合 日本バンタム級 第8試合 日本バンタム級

以前熱烈な吉川のファイトスタイルに惚れたファンから道場に何回か連絡があった。最近少し疲れ気味の吉川の戦いは如何に!?

1R、パワーのある瀬戸口選手に追い込まれる吉川。早くも顔に疲れが。相手のパワーあるパンチにどうしても顔を下げてしまう吉川。そこに膝と容赦ない相手にダウンをとられる。さらにボディでも。しかし、吉川の持ち前の負けん気は簡単にKOにはさせない。

2R、吉川は気持ちを切り替え果敢にパンチで攻める。もともと精度の高いスピードを持ち味としている吉川のパンチは相手の顔を揺らす場面も見られた。しかし、相手のパワーある怒涛の攻めに顔を下げてしまい危ない場面を作ってしまう。ただ幸い1Rほどのダメージはなかったようだ。

3R、この回の吉川のパンチでの追い上げはすばらしかった。相手は吉川のタフさに1,2Rで見せた怒涛の攻撃ができなくなっていた。吉川は最後の力をふり絞り攻撃の手を緩めず。

キックを続けるということ。それは本当に難しい。しかし、吉川の負けん気の強さや持ち味のパンチが見れたことは本当に良かった。

次回に期待しよう。

第5試合 日本ウェルター級 3分2R

勝利(横須賀太賀)

VS

斗吾

勝者:斗吾 判定3-0
※ジャッジ=20/19、20/18、20/18

第5試合 日本ウェルター級 第5試合 日本ウェルター級

まだ十代というのだから驚きだ。最近の斗吾は徐々に何かをつかんできた感がある。一度火ががつくと止められない性格をもつ彼の戦いは如何に!?

1R、パンチの勝利選手、キックの斗吾といったところだ。斗吾は冷静に相手のパンチを見切って随所にロー、ミドル、ハイキック、回しケリと出す。ただ、まだまだ精度と決定打を与える何かが足りなかった。

2R、斗吾のキックに足が止まり始める相手。確実に前へ向かっている斗吾だがやはり決定打を与えられない。けして悪い内容ではないが何か足りない攻撃をする斗吾。

試合後、王者菊地に尋ねると、「倒す!!という感覚を身につけないと。」勝利は収めたものの先輩からの叱咤激励に残念そうな斗吾。

まだまだ、19才。これからがんがん言ってほしい。

  • 稲城支部
  • アルゼンチン支部
  • 新潟支部
  • 興行チケット受付! TEL:03-3461-4258
  • 男女練習生大募集
  • EBATAツインズキックボクササイズ
  • スポンサーガイド
  • ピレリタイヤ
  • インターナショナル伊原道場オーガニゼーション

    English Spanish japanese