キックボクシング・ムエタイ・フィットネス伊原道場

TEL:03-3461-4258 定休日:毎週日曜日
TOP > 過去試合一覧 > MAGNUM12

過去試合一覧

MAGNUM12

2006年10月22日 東京・後楽園ホール

最近の快晴続く天気に終わりを告げ、新たな季節が訪れようとしていた。SKBの試合も新たな幕を予感させるような内容だったのではないだろうか。今回の試合内容は本当にシビアだった。どの試合もお互いの意地のぶつかり合いで負けるものかの精神で甲乙しがたい攻防が繰り広げられた。伊原道場からは10の戦士が選ばれ、どれも密度の濃い戦いだったので詳細内容をお届けしよう。

第13試合 メインイベント
日本フェザー級王座決定戦 3分5R

菊地 剛介

VS

小原 祥寛(藤本)

勝者:菊地 判定2-0
※ジャッジ=50-28、50-50、50-48

菊地剛介返り咲きおめでとう!!
詳細はブログでお届けしよう。

第13試合 メインイベント 日本フェザー級王座決定戦

王者返り咲き

第12試合 メインイベント 日本ライト級 3分3R

日本ライト級王者
石井 宏樹(藤本)

VS

中尾 満

勝者:石井
※ジャッジ=3者30-28

第12試合 メインイベント 日本ライト級

カット前のヒジ

第12試合 メインイベント 日本ライト級

直球

日本屈指のテクニシャンはやはり強かった。中尾は初黒星となったがそんな石井王者と対戦出来てさぞかしうれしかったことだろう。内容は実に濃かった。

1R、真っ向から勝負する中尾。それに応える王者。中尾のパンチがヒットする場面もあったが決定打にはならない。前半の中尾は実に集中していて申し分ない王者相手に互角の攻防を繰り広げた。しかし、緊張が緩んだのだろうか王者の右ローキック、ジャブからの左フックがヒットしてから状況は一変する。王者の怒涛の攻めで危ない場面も見られたが無事終了。

2R、果敢にも勝負を挑む中尾。真っ向からのスタイルは変わらない。王者の巧みな変化ある送球に対しても中尾は応えた。カウンター気味のフックにより頭を揺らされる場面も。しかし、中尾は王者をカットさせる程のヒジ(写真上)を駆使し、首相撲へと発展させていく。これにより中尾のヒジが光出し、王者の攻撃を封じる。

3R、中尾の直球は続く。攻撃からの反撃も直球だが(写真下)王者の巧な間の取り方やよけで決定打にならない。王者は上手かった。ローキックで中尾の直球を誘って左フックを入れる。これによりまた展開が一変するが中尾の最後の力を振り絞った攻撃で場内は盛り上がる。しかし、タイムオーバー。

試合前の一言で兼子ただし選手が言っていた通りの展開になっていたのではないだろうか。 中尾の王者相手に堂々とガチンコ勝負をしたことは賞賛に値することだろう。中尾流の直球勝負を是非極めてもらいたい。

第11試合 セミファイナル 日本バンタム級 3分3R

深津 飛成

VS

大川 俊彦(トーエル)

ドロー ※ジャッジ=3者30-30

メッセンジャーは無言で去った
リングに居られないほど
それが試合内容を物語っていた
だからこそ
次の深津飛成が見たい

人は極限状態になると、いてもたってもいられない行動をする。
してはならないと分かっている状態を通り越して。

※深津はその後「本当にごめんなさい。本当に・・・・・」と切実な思いをブログで綴っている。

第10試合 セミファイナル 日本ヘビー級 3分3R

日本ヘビー級王者
内田 ノボル(ビクトリー)

VS

嚴士鎔

ドロー ※ジャッジ=3者30-30

第10試合 セミファイナル 日本ヘビー級

絡み合うパンチ

両者が登場した時の王者の貫禄はすごかった。ズシリとした厚い体系。嚴との差に不安がよぎったが。。。。

1R、その巨体とは裏腹にローキックを連発する王者。嚴は冷静に様子をみる。そして、ワンツー、右ローキックから左フックとリングをいっぱい使った勢いのある攻撃をした。両者一発ヒットすれば大変な打撃だ。食い入るように見る両者から出たフックは綺麗に絡み合う場面も。(写真上)両者組合でなかなか決定打もなく終了。

2R、積極的にパンチを仕掛ける王者。よけてフックを出す嚴。絡みつく腕。(写真下)一歩も譲らない両者の攻防が続く。さすがヘビー級、一つ一つの攻撃やよけが豪快だ。しっかりと王者の出方を見極めて反撃する嚴はすばらしかった。王者のジャブを見定めてパンチを突き出す場面も。決定打はないもののその一動作の上手さに安心感さえ覚えた。

3R、 思うようような攻撃ができない両者は少し倒し急ぐ場面もあった。そして掴み合いへ発展する。それにより若干嚴の顔に疲れが見え、王者にはあせりの顔が。しかし、決定打なく終了。

タイトルマッチの場合は5Rある。嚴にさらなる勢いがあれば充分見込みがあると分かった収穫ありの内容だったのではないだろうか。是非ともがんばってほしい。今後への期待は大きい。

第9試合 セミファイナル 日本ウェルター級 3分3R

日本ウェルター級王者
正木 和也(藤本)

VS

クリストファー・メルテンス

ドロー ※ジャッジ=29-29、30(クリストファー)、29、29-29

第9試合 セミファイナル 日本ウェルター級

狙いは見事だった

第9試合 セミファイナル 日本ウェルター級

ヒジで応じるクリス

前回の井場(当時王者)選手の時の屈辱を見事に跳ね返したクリスはすばらしい戦いを見せた。

1R、両者キックを中心とした様子見から始まる。クリスがサウスポーだからだろうか、正木王者がやりずらそうに見えた。しかし、じりじりと圧力をかけ攻撃のチャンスを伺う。そんな正木王者を誘うようにクリスはカウンターを狙っていた。クリスは詰め寄られ行き場を失わないようしっかりとリングに周りこんでいたため、正木王者からのキックやパンチをもらわず終了。

2R、正木王者は一発が重いパンチを入れるようになってきた。クリスはねじ伏せるようなヒジで応戦し懐にいれないようにする。それでも、正木王者は入り込み右左と嵐のようなフックで襲いかかる。クリスはヒジを入れようとするが若干身長差のある相手の頭をスルーしてしまう。クリスは詰め寄りに対して前蹴りで対応。キック、左ジャブからの右ストレートで正木王者の頭を揺らす場面(写真上)もあったがずれていたため決定打にならない。両者決定打もなく終了。

3R、クリスの身長差を利用してボディーを入れる正木王者。さらに王者はボディーからフックで懐に入る。しかし、クリスはヒジを連発。(写真下)それにより王者の額カットでドクターチェック。再開後はクリスがヒジで猛攻するが何事もなく終了。

前回の時と比べて明らかに対応が上手くなっていたクリス。王者相手にすばらしい健闘を見せた。

第8試合 日本ウェルター級 3分3R(1R延長)

タカ オサミツ

VS

SHING(治政館)

ドロー ※1R延長TKOによりタカが次期王座挑戦券得る

第8試合 日本ウェルター級

足を捕らわれ必死に攻撃するタカ

第8試合 日本ウェルター級

おおおーーすげーーー!!

第8試合 日本ウェルター級

えぇぇぇ!? だっ大丈夫か!?

前回も書いたがタカの試合は実に面白い。がしかし、反面ヒヤヒヤするのも確かだ。タカは天然キャラと幼馴染達は言っていたが試合内容も天然だ。

1R、SHING選手の速くて突き刺すようなパンチがタカを襲うがガードで致命的にはならなかった。一方、タカは得意のキックとパンチで応戦するがSHING選手の勢いでコーナーに追い込まれ右ストレートでダウンを奪われる。幸い、右ストレートは浅くすぐに立ち上がるタカ。その後も大きなダメージもなく無事終了。

2R、タカは挽回のため、かなりの勢いでSHING選手に向かう。こんなタカも珍しく、かなりの勢いで得意のキックを連発したためSHING選手の足が止まり始める。まさに挽回劇である。

3R、 タカはヒジも出し始める。さて、今回の一番の見せ場はここからだ。タカは前ハイキックで相手を突き飛ばそうとするがうっかり足を捕らえられる。しかし、タカは必死だ。掴まれつつも右ストレートを連発。(写真上)写真から分かるように歯をくいしばって必死にピョンピョン跳ねながらパンチを連発している。とにかく必死なのだ。すごい必死なのだ。まるで罠にひっかかった野生の動物のように。そんな切羽つまったタカの状態に何かしようとSHING選手はきっと思ったことだろう。がしかし、次の瞬間なんと!!カンフー映画に出てくるジャッキーチェーンのような左飛び回し蹴りをしたではないか!!(写真中)これには場内も大歓声!!

試合後、タカはこうつぶやいた。

「やらなければよかった。。。。あれ結構疲れるんす。。。。」

それはそうだろう。落ちた時の体の形が変だ。(写真下) 80年代ギャグマンガのような体の反り方だ。

結局、タカの血相を変えた壮絶な反撃にドローとなった。そのため、王座挑戦券に向けてもう1R用意され決着を付けることになったが流れは完全にタカに来ていたのだろう。タカのヒジでTKOとなりとうとう王座に向かって前進することとなった。

タカのあまりに意表のついた左飛び回し蹴り、永遠に脳裏に焼きつくことと思う。

第7試合 日本ミドル級 3分3R

後藤 龍治

VS

阿佐美義文(治政館)

ドロー

第7試合 日本ミドル級

パンチコンビ

格闘マシーンのような阿佐美選手は同ジムのスター武田幸三選手を思わせる。今回、後藤は再審でドローになったが非常に残念な結果になってしまった。

1R、阿佐美選手は手数足数はないがどっしり、がっちりした体から的確な攻撃をする。一方、多彩な技を使い分けるベテラン後藤は相手のバリケードのような鎧を崩そうとしていた。しかし、両者決定打なく終了。

2R、後藤はちくちくとフックやアッパーで相手の頭を揺らす。一度始まると後藤のフック、アッパーのコンビネーションは見事だ。(写真)しかし阿佐美選手の鎧を壊すとこまでは行かなかったが、崩れかけていたことは確かだった。阿佐美選手は接近戦に持ち込む後藤に前蹴りやヒジで応戦。後藤はパンチからのローキックも見せる。

3R、TITANS3rdのバイオ選手戦の時のように後藤は得意のパンチで試合を優位に運びたかったのだろうが結局強靭な肉体の阿佐美選手に大きな決定打を与えられないまま終了。

第6試合 日本ライト級 3分3R

石原 裕基

VS

鈴木 敦(尚武会)

勝者:石原 判定3-0
※ジャッジ=3者30-29
石原次期王座挑戦権得る

第6試合 日本ライト級

序盤のハイキック

第6試合 日本ライト級

じわじわローキック

石原はとうとう王手まで来た。先日、石原に試合前の一言を聞くと「王者になります!!」と返ってきた。もう眼中にはタイトルマッチのことしかない。オリンピックの金メダル選手の多くは試合前にはもうすでに感動しているという。表彰台に立っている自分に。

1R、石原の強烈なローキックが場内に響いた。続けてハイキック。(写真上)早くも鈴木選手がキックを警戒しているように見えた。両者キックとパンチで戦える選手なだけに甲乙付けがたい試合攻防が続くが若干、石原のキレが勝っていたように思える。石原はワンツーからのローキックやローキック、パンチ、ローキックと変化のある攻撃もみせる。途中、左ストレートから右のストレートで相手をふらつかせる場面も。しかし、両者決定打もなく終了。

2R、鈴木選手もバランスの良い戦い方をする。石原と非常によく似ているためお互い混戦し、なかなか決定打だがない。両者の速いパンチは飛び交うものの的に入らず掴み合いになる。そんな中でも石原はローキックをじわじわ入れていた。(写真下)

3R、鈴木選手のパンチや前ハイキックが石原の頭を揺らす場面もあったが決定打がない。最後まで混戦が続いたが、前半ラウンドでの石原のキレのある攻撃が勝敗を分けたのだろう。実にシビアな世界だ。

試合後、石原は「急激な減量が大変です。」とあまりコンディション的にはベストではなかったことを話してくれた。でも必ずタイトルマッチでは万全な状態を作って最高の試合をしてくれるだろう。非常に楽しみだ!!

第5試合 日本ミドル級 3分2R

英雄マクシマス(八景)

VS

喜多村 誠

勝者:喜多村 判定0-3
※ジャッジ=3者20-17

第5試合 日本ミドル級

きれいな回し蹴り

マクシマス選手のキャラがクールになった。一方、喜多村は変わらず落ち着いている。そして、最後のパフォーマンスも健在だった!!

1R、落ち着き払った喜多村は一変し開始とともにマクシマス選手に豪快な飛びヒザで襲いかかる。両者前半は大きなダメージもなく攻防。しかし、徐々に喜多村の着実な攻めがマクシマス選手を後退させる。そして、コーナーに追いやった喜多村はワンツー、ローの連発でダウンを奪う。その直後も喜多村の駄目押しの豪快な飛び前蹴りが光る。後半も喜多村の押しで終了。

2R、 両者、様子見で始まり首相撲からヒザへ展開するが大きな決定打はなかった。ところが、また喜多村の変わらぬ着実な攻撃に相手は後退し始める。途中、喜多村のローはずしから後ろ回し蹴りがきれいに光る。(写真)その直後、喜多村はコーナーに追いやり怒涛のパンチでダウンを奪う。その後も押して終了。

喜多村はこれで5戦4勝1分とすばらしい結果を残すことになった。是非、このまま突き進んでほしい。そして、さらに見せるキックボクサーとなって観客を大いに魅了させ沸かせてほしい。

第3試合 日本ライト級 3分2R

坂梨 隼人

VS

松本 芳道(八景)

勝者:松本 判定0-3
※ジャッジ=20-18、20-18、20-19

第3試合 日本ライト級

坂梨パンチで応じる

坂梨は惜しくも初黒星となってしまったが、打たれても打たれてもけして倒れない凶刃な気持ちを見せてくれた。

1R、松本選手の出だしからのパンチ連打で始まった。坂梨に隙いる暇も与えないほどに。坂梨は当然自分の得意な首相撲からのヒザに持ち込もうとするが、相手のパンチ連打でなかなかできない。坂梨はキックを交えてチャンスを伺うが逆に松本選手のカウンターをもらってしまう。それにより坂梨の頭が揺らされ危ない場面も見られたが前出る気持ちでなんとか持ちこたえた。

2R、松本選手は変わらぬパンチ攻撃であったが坂梨も負けじとパンチで応じる。(写真)さらに坂梨はミドルキックと首相撲からヒザに発展させ中盤まで勢いが増す。松本選手の頭が大きく揺れ足が止まる場面も見られた。しかし、松本選手のカウンターパンチ攻撃は止まらず坂梨にまた危機が訪れる。かなり、坂梨の頭が揺れる場面が目だったがけして倒れない。ひるまない。気持ちで負けない。

最後までそうであった。負けはしたもののすばらしい気持ちを感じる戦いであった。

  • 稲城支部
  • アルゼンチン支部
  • 新潟支部
  • 興行チケット受付! TEL:03-3461-4258
  • 男女練習生大募集
  • EBATAツインズキックボクササイズ
  • スポンサーガイド
  • ピレリタイヤ
  • インターナショナル伊原道場オーガニゼーション

    English Spanish japanese